2015/01/11

rat paint

一概にRatと言っても手法はたくさん、ペーパーでのエイジング、シンナーでふき取ったり。あとは傷つけてみたり、、、

しかさ、色によってはやっちまったなぁ!みたいになる場合が多々あります。

もっと当時物っぽく、味を出しつつ、ペイントしました的なニュアンスもある手法もあるんです。
エイジングだとエイジングしてます!感が出るので、あえてエイジングではなく。
エアブラシをわざと荒く出しつつ、エアーの使い方、吹き付け方、吐出量をふまえて、ただまばらに吹き付けるのでは無く、慎重に味を出します。
濃淡のつけ方をバランスよく崩し、綺麗なグラデーションでは無く、ツブツブが軽く見えるくらいの塗料の硬さに抑え、叩きつけるように吹き付ける。
これもまた、ひとつの手法であります。

0 件のコメント:

コメントを投稿